10ティック抜きシステム「10Tickbreak1967」~10ティックブレイク~

システムの特徴

当システムは、5ティック抜きと15ティック抜きの中間特性を持つスタンダード系10ティック抜きシステムです。約定漏れ防止のため、11ティックを付けての10ティック利確として検証しており結果の信頼性を高い次元で確保しています。(この検証コンセプトは全てのティック抜きシステムで採用しています。)

こちらも、勝率重視系(5ティック抜き)、トレンドフォロー系(15ティック抜き)との並列分散運用の相性は非常に良好。抜き切るティック数がそれぞれ異なるため、手堅い利確と効果的なリスクヘッジが可能となり、優れたポートフォリオを実現できます。

以下、システムスペック等をご確認下さい。

月別損益一覧

スペック概要

◆年別損益 (※先物ラージ1枚)
2017年01月~12月 : +568万円
2018年01月~12月 : +705万円
2019年01月~12月 : +746万円
2020年01月~11月 : +1,028万円

◆システムスペック
総利益額 +3,047円
月平均 +51万円
勝率 67%(参戦数ベース)
P/F 1.9
最大ドローダウン 70万円
トレード率 100%(見送りなし)

システムのご提供について
  • シグナル発生の核となるシステム本体を、本数限定でご希望の皆様にご提供致します。
    (システム本体とブログ記載のスペックは一致致します。)
  • データを貼り付けることで、ご自身で検証が可能です。スペックに偽りがないことを確認でき、一般的なシグナル配信と比較し、より安心した運用が可能となります。
  • システム媒体はエクセルファイルです。
  • 操作方法は至ってシンプルです。セルに数値入力するだけで、瞬時に当日の売買シグナルが自動判定されます。(利確、ロスカット値も併せて表示されます。)
  • ナンバリングにてご提供本数を厳密に管理しております。
  • ティック抜きスタンダード型 バックテスト+フォワードテスト(2017/01~2020/11)
  • ご提供金額  94,800円 → 39,800円(※12月6日(日)までの限定価格です。)

(※複数システムでの分散運用のお問い合わせが多いので、現在のところ、2システムをご購入の方に
ご希望の1システムを無償提供しております。)

bankcredit

関連記事

  1. 各システムの定義

  2. ナイトセッション「Period4370」~ペリオッド~

  3. 日中寄り引け「Freeze3568」~フリーズ~

  4. ナイトセッション「Incept2865」~インセプト~

  5. 日中寄り引け「Decide2561」~ディサイド~

  6. 15ティック抜きシステム「15Tickbreak2163」~15ティックブレイク~

  7. 5ティック抜きシステム「5Tickbreak1476」~5ティックブレイク~

  8. 日中寄り引け「Agenda2463」~アジェンダ~

  9. ナイトセッション「Method3467」~メソッド~

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気ランキング

PAGE TOP