日経225先物の損失時におけるシステムトレードの継続

日経225先物取引のシステムパフォーマンスが振るわない時期は、継続を諦めて脱落というスパイラルに陥る
トレーダーが多いようです。しかしながら、シストレで成功するかどうかはこの点が大きな分かれ目になります。

なお、資産運用は長期戦ですので、次の心構えが大切です。

ひとつは、どの程度の執念と覚悟をもって取り組むか。システムトレードといえども損益が日々アップダウン
しますのでメンタルの負担が大きいです。システムへの信頼が揺らいだ途端、途中決済してみたり、中断して
しまったりと、負けへの道を進んでしまいがちです。

もうひとつは、資金量です。運用は必ず余裕資金で行ってください。
例えば、生活がかかっている場合、あるいは少しのドローダウンで追証発生の状況では、平常心での継続が
困難となります。むしろ必要十分と考える額以上の資金量が理想です。結果として、資金量に余裕があるほど
気持ちに余裕がもて、好ましい結果へと繋がります。

システムの損益曲線を語るならば、例えば高台の神社への石段を一段ずつ昇り、目標の本殿に到達するのが
理想のケースです。しかし、相場は絶えず異なったパターンで動き続けるため、ロジックと相場つきがマッチ
しない状況では、一時的な下り階段に遭遇することもあります。
昇りの階段と下りの階段が交互にあり、いくつか乗り越えるうちにふと振り返ると、出発した地点よりも
高い地点に到着していることに気づく。これがいわば、相場に勝つということでもあります。

資産運用を続けるにあたり、「負け」という事象は避けることができません。
ただ、同じように「勝ち」も同等にやってきます。人間は感情のある生き物ですので、この「負け」を如何に
やり過ごすかがキーポイントです。
このとき、「負けも必要経費」と考えると自分を納得させやすく、次の「勝ち」へと繋げる継続の第一手になり得ます。

関連記事

  1. 日経225先物取引のロスカットとシステムトレード

  2. 日経225先物でのトレード手法

  3. 日経225先物におけるシステムトレードの短所

  4. 日経225先物の運用資金と利回り

  5. 日経225ミニと日経225先物取引

  6. 日経225先物のトレード、自己裁量とシステムの区分

  7. 日経225先物におけるシステムトレードの長所

  8. 日経225先物取引におけるデイトレード

  9. 日経225先物システムトレードの継続

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気ランキング

PAGE TOP