日経225先物取引におけるデイトレード

日経225先物の上げ下げについては基本的に確立は2分の1です。
数回上手くいったからと、天狗になってはいけません。
日経225先物でデイトレをする場合、一時の「運」に埋もれてしまわないように自己ルールを確立することが非常に重要になります。

日経225先物取引において、どのような点に注意しデイトレードを行うか。
例えばデイトレのルールとして具体的に挙げるとすれば、売買のタイミング、利確、損切りポイントがあり、その中で特に注意すべきは「利確、損切りラインの設定」です。欲がでると適切な利確ポイントを逃してしまいますし、「いつか戻ってくる」と損切りせずに持ち越しては損拡大の大きな要因となります。これは、なかなか利益が安定しないトレーダーの典型パターンです。それ故、欲や感情に惑わされずにトレードルールをしっかり守ることは重要で、参戦中の自分を律する強い精神力が必要です。

この点、システムトレードである「日中寄り引け」、「ナイトセッション」、「ティック抜き」は、予め「売買のタイミング、利確、損切りポイント」が決まっており、トレードが私欲や感情に左右されることがありません。
ルールをしっかり守る、メンタルに優しい。これは、結果的に損益を安定させる点で運用に大きなアドバンテージです。

関連記事

  1. 日経225先物の裁量トレードとシステムトレード

  2. 日経225先物の運用資金と利回り

  3. 日経225先物システムトレードの継続

  4. 日経225先物におけるシステムトレードの短所

  5. 日経225先物取引のロスカットとシステムトレード

  6. 日経225先物のトレード、自己裁量とシステムの区分

  7. 日経225先物におけるシステムトレードの長所

  8. 日経225先物の利益確定について

  9. 日経225先物の損失時におけるシステムトレードの継続

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

人気ランキング

PAGE TOP