日経225先物の裁量トレードとシステムトレード

日経225先物取引に限ったことではありませんが、トレードタイプは「システムトレード」と「裁量トレード」に大別されます。裁量トレードは文字通り、投資家自身の「経験則」や「感性」を判断材料として取引を行うものですが、システムトレードは投資家の裁量要素を完全に排除して機械的に取引を執行するトレードスタイルです。

システムトレードは一般的に、テクニカル分析などを利用した一定のルールで自動算出される売買シグナルに基づいて行います。ちなみに弊社のトレードシステムは、「既存のテクニカル+新規構築指標」をもとにシグナルを算出し、日々の結果をフィードバックすることで長期的な安定性に寄与しています。

またこれまでの経験上、運用が心理戦であることが裁量トレードの弱点でした。
個人投資家が一個人として経済市場と向き合うとき、巨大マーケットの中で自己を見失わず常に冷静な判断や状況分析を行うことは容易ではありません。特にデイトレードでは心理的要素のウエイトは非常に大きくなり、またポジションを持つ期間が短ければ短いほどその傾向は強まると言えます。
その心理戦から抜け出すためにも、システムトレードは有効な投資戦略の1つと言えます。

関連記事

  1. 日経225先物におけるシステムトレードの長所

  2. 日経225先物取引のロスカットとシステムトレード

  3. 日経225先物取引におけるデイトレード

  4. 日経225先物システムトレードの継続

  5. 日経225先物におけるシステムトレードの短所

  6. 日経225ミニと日経225先物取引

  7. 日経225先物のトレード、自己裁量とシステムの区分

  8. 日経225先物でのトレード手法

  9. 日経225先物の損失時におけるシステムトレードの継続

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

人気ランキング

PAGE TOP